今日の非常識は明日の常識 海のない県での試みの地方創生

海のない地域の新たな創生

今日の非常識は明日の常識 海のない県での試みの地方創生
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

今日の常識は明日には通用しない!!常識を覆す地方創生とは?

デメリットがメリットに変わる日


海、陸の隔たりがなくなる時代が到来

海のない県、岐阜県で海の幸のエビの養殖に成功した、というニュースが話題になっています。

エビの養殖に成功したのは、岐阜県瑞浪市の農業生産法人「ハイランドファーム東濃」さん。
3年ほど前に国から水産を含めた6次産業認定を受け、岐阜県瑞浪市内の養殖場でバナメイエビの陸上養殖を実施していました。
コイの養殖場を改修し地元の水源から引いた水をろ過して利用しています。
稚エビはタイから輸入し4〜5段階の水槽を経て3ヶ月ほど育てると20cm程に成長をします。ここでは化学物質を一切使わず完全殺菌状態で育成しているので加熱しなくても美味しく安全に食べられることがウリとなってます。
「岐阜県産、きよら美濃エビ」というブランドで地元スーパーで試験販売を実施したところ、ほぼ完売したそうです。
社長は、「餌や水質管理に苦労はしたが、食卓で気軽にエビを食べてもらえれば嬉しい」と語っていますが、ネックとなっているのやはり価格であります。

通常の解凍エビの倍近い値段がするそうです。
国内産の人気と安全性を考えれば妥当とは言える価格帯ではありますが、やはり消費者からすると安いに越したことはありません。

今後、海なし県の海産物需要として地元スーパーなどでの地産地消商品の拡大を図る意味では、内陸地ほど土地は余ってくるので、太陽光産業のみならず農業同様雇用の確保の意味でも広げていきたい分野ではありますね。

ゆくゆくは長野名産のホタテやシラスなどが出て来る時代が来るかもしれないので、食の安心安全を訴えていき、うなぎのように確立されたブランド、ジャパンブランドを世界に向けて発信していきたいものですね。

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。